本日は、ガネーシャの大切な言葉集の第10弾!! 最終回です。

もしも、以前の言葉をまだ読んでいない方は、ぜひのぞいて見てください♪

『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#01
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#02
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#03
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#04
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#05
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#06
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#07
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#08
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#09

——————————————————————————————-
本日は、ガネーシャのそれぞれのパートの持つ、シンボリズムをご紹介します。
とっても興味深く、面白かったので★ 英語ですが、簡単なものを選びました★
Ssymbolism_Ganesha
——————————————————————————————-
ガネーシャの最後の課題Ⅲ
『人の成功をサポートする』

人を幸せにする。
それはよくよく考えたら当たり前のことなんだ。たくさんの人を幸せにしているから、その分、みんなから喜ばれ、認められ、お金が支払われる。どれだけ人を幸せにできるか、そのことにどれだけ喜びを見出せるか。それこそが、たった1つの成功の秘訣なのだ。

『人からして欲しいことを人にしなさい』って言葉聞いたことあるやろ。
成功したいてみんな思てる。いい家に住みたい、いい車持ちたい、海外旅行行きたい、有名になってちやほやされたい、モテたい…。でも、そういう欲を求めるだけでは人は成功でけへん。人を幸せにしていなければ、むしろ遠のいていくことかてあるんや。

ライト兄弟はな、飛行機の発明で特許取った後『飛行機を発明したのは自分らや』言うて、他に飛行機つくろうとしたやつらをどんどん訴えたんや。結果的に、航空会社全体を敵に回して孤立してもうたんや。

それと対照的だったのが、グレン・カーチスくんいう子なんやけど。気のええやつで『頼まれたら引き受ける』タイプでな。そもそも飛行機もグレアム・ベルから頼まれて作りはじめたんや。

でな、ライト兄弟とカーチスくんが裁判で戦うことになったんやけどな、もう完全に明暗が分かれてもうて。あの自動車王のヘンリーフォードくんが、カーチスくんのためにわざわざ弁護団用意したくらい、みんなから応援されとった。
最終的にライト兄弟の作った航空会社はほとんど誰にも知られず姿を消し、カーチスくんの会社はアメリカ最大の航空会社に成長したんや。皮肉な話しやけどな。

ライト兄弟は飛行機の発明には成功したかもしれへん。でも、その成功をもっと他の人のために使うことはでけはんかったんかなあ。発明した飛行機で、より多くの人を、より早く、より快適に運ぶことを考えれば、つまり、人の成功を助けることに向かえば、ライト兄弟にも、もっと違た道があったかもしれへんな。

ええか?自分が本当に成功したかったら、その一番の近道は、人の成功を助けること、つまり…  愛やん?

——————————————————————————————-
ガネーシャの最後の課題Ⅳ
『応募する』

確かに、不幸や逆境には人を変える力はあんねんけど、でもそれを自分で作るんは、さすがに無理があるやろ。
けどな、ホンマに人生変えようと思たら、そんくらいのインパクトが必要いうことや。
つまり、『事件』やな。何か自分の想像を超えるような『事件』が人を劇的に変えるねん。

事件にもいろいろあんねんけど。一番効果的で劇的な変化が望めるんは…
『誰かに才能を認められる』や。

誰かに才能を認められることで、自分の人生は変わる。もうこれはえらい変わるで。
自身に満ち溢れるし、周囲の視線も変わる。全身からやる気がみなぎって、それこそ飯食うのも寝るのも忘れて働ける。働くことが今までよりも全然楽しくなる。
人生を変える一番協力で手っ取り早い手段はこれや。

応募することや。

応募いうても、懸賞ハガキを出すような応募ちゃうで。
自分自身を世の中にアピールするねん。企業支援の団体に事業プランをプレゼンしてもええし、資格試験受けてもええし、なんでもええんや。とにかく自分の才能を他人に判断されるような状況に身を置いてみるんや。それを、ワシは今、応募って言葉で表してるんやけどな。
みんな怖いねんな。自分の才能がないって判断されるのが怖いねん。でもな…
世の中に、どんだけぎょうさんの仕事がある思てんねん。しかも、その才能を判断する人、どんだけおる思てんねん。確かに、なかなか自分の才能は見出されんかもしれへん。けどな、それでも可能性を感じるところにどんどん応募したらええねん。そこでもし才能認められたら、人生なんてあっちゅう間に変わってまうで。

それって全然、自分の人生にも起き得ることなんや。自分らの言葉でいう『奇跡』をな、起こす力が応募にはあんねんで。

エステル・ゴランタンちゃんていうおばあちゃんがおんねん。彼女はな、街でたまたま『イディッシュ語(ユダヤ語の1つ)を話せる老婦人求む』ちゅう映画の出演者募集のチラシ見つけてん。ゴランタンちゃんは別に演技の勉強なんてしたわけやないんやで。しかもこん時、85歳や。いっくら老婦人言うても、かなり無理あるやろ。
でも、応募したんや。そしたらこれがオーディション受かってもうて。アビル映画祭で最優秀女優賞に選ばれてもうたんや。そのあとも映画のオファーが続々来た言うてたで。彼女は戦争中に収容所に入れられてた時期もあったくらい波乱万丈な人生送ってたんやけど、ホンマ何が起こるか分からんもんやろ。

ワシは何も、女優や小説かやそういう、特殊な職業だけに限って言うてるわけやないんやで。自分の持ってる隠れた才能の可能性を見出すために、何か世の中に働きかけることがあったとしたら、それは全部『応募』なんや。そして、それこそが自分の人生を変え得る大きな力を持ってんねんで。

——————————————————————————————-
ガネーシャの最後の課題Ⅴ
『毎日感謝する』

そもそも自分は変わりたいって思ったんは、今の自分が『持っていない』何かを手に入れたいと思ったんやな。

つまり、自分は『足りない』と思てるんや。今の自分の持ってるもんでは『足りない』と。

満たされる、と言うのは『一緒になる』いうこと難や。たとえば人から愛されていると感じる時。人を愛していると感じる時。自分の幸せ以上に相手の幸せを思う時。自分よりも大切なものができた時。それは全部『あなたと私は一緒です』ということを表してんねや。
1つだけでは満たされないものが、何かと一緒になることで満たされる。分かるか?

つまり、『大きな欲を持ってる』いうんは『大きく欠けてる』いうことや。『足りない』と感じている部分が大きい、いうことやな。
たとえばでっかくて豪勢な家を手に入れることでみたされるいうんは、その家が入る分だけ、自分の中にはぽっかりと欠けてる部分があるっちゅうことや。それだけ『足りてない』てことなんや。

そういうふうに『足りてない、足りてない』て思えば思うほど、家もお金も、自分から逃げていくんや。皮肉なことやろ。

自分が満たされてへんと、人を喜ばせることはでけへん。人に与えることがでけへんのや。

『おおきに』て感謝することや。
自分の中に足りんと感じてることがあって、底を何かで埋めようとするんやのうて、自分は十分に満たされている、自分は幸せやから、他人の仲に足りないもんを見つけ、そこに愛を注いでやる。この状態になってこそ、自分が欲しいと思ってたすべてが自然な形で手に入るんや。

今自分が座ってる椅子も、目の前にある机も、手にしてる紙も、天井にある電球も、当たり前のようにそこにあるけど、全部自分を幸せにするために存在してくれとるんやで。
身の回りにあるもの、ともだちや、恋人、親、日々出会う人、動物、空気や水、緑、それもこれも全部自分が生きるために存在してくれてるもんや。当たり前のようにそこにあるけど、ホンマは有難いものなんや。

朝起きたときでも、寝る前でも、いつでもええ。
親にでも、ともだちにでも、モノにでもええ。
世界をかたちづくっている何にでもええから、感謝するんや。
足りてない自分の心を『ありがとう』て言葉で満たすんや。
ありがとう、ありがとう、みんなのおかげで私は満たされています。幸せです。
そうやって感謝するんやで。

——————————————————————————————-
課題が終わった後の言葉

夢追いたかったら追ったらええ。女の尻追いたかったら追ったらええ。何したってええんやで。成功目指して気張る自分もええけど、ビール飲んでほっぺた赤くして絡んでくる自分も、好きやったで。

成功だけが人生やないし、理想の自分あきらめるのも人生やない。
ぎょうさん笑うて、バカみたいに泣いて、死ぬほど幸福な日も、笑えるくらい不幸な日も、世界を閉じたくなるようなつらい日も、涙が出るような美しい景色も、全部全部、自分らが味わえるために、この世界創ったんやからな。

世界を楽しんでや。心ゆくまで。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告