本日は、ガネーシャの大切な言葉集の第9弾です。

もしも、以前の言葉をまだ読んでいない方は、ぜひのぞいて見てください♪

『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#01
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#02
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#03
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#04
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#05
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#06
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#07
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#08

——————————————————————————————-
今日は、ガネーシャが生まれた時となんで首から上がゾウなのか?と言うお話を最初に少しだけ…。
色々な説がございますが、これが一番広く伝わっているお話しのようです。
シヴァ と ガネーシャ
夫のシヴァの間に、妻のパールバティーが自分の垢を集めて香油と油を混ぜて男性の指を1本つくり、ガンジス川の水をかけて生命を与えて、生まれたのがガネーシャ神だそうです。最初は人間の頭がありました。
パールバティーが入浴中に、来客があってはいけないとガネーシャに番を命じました。
そこにシヴァ(父親)が帰ってきました。
シヴァと面識がないガネーシャは、母の言いつけのとおりに、シヴァが家に入るのを止めました。もちろんシヴァは怒り、おまえは何者だということでシヴァとガネーシャとの間で激しい争いとなってしまい、ガネーシャはシヴァに首をはねられてしまいました。
風呂から出たパールヴァティ-は、息子が死んでいるのを見て深い悲しみに落ちました。
シヴァはガネーシャを不憫に思い、従者に、最初に出会った者の頭をガネーシャに与えるよう命令しました。そして、最初に出会ったのが象だったということです。

以上、ガネーシャにまつわるお話でした♪
——————————————————————————————-
ガネーシャの願い 
『最後の課題を必ず実行に移すこと』

自分はワシに期待しとる。『この神様なら僕を変えてくれる、どこか今までとは違う場所に連れてってくれる』ってな。

期待は感情の借金やからなあ。

まだ何も苦労してへんのに、成功するかもしれへんていう『高揚感』を前借にして気持ちようなってもうてんねや。でもそのうち、そんな簡単に成功でけへんいう現実にぶちあたる。そんとき『先に気分よくなってたんやから、その分返してもらいましょ』て返済をせまられて、ヘコむことになるわな。これを繰り返すことで、どんどんやる気がのうなってく。
そうやって人は夢を無くしていくんやで。

人は、未来に期待して生きていくねん。期待がなくなったら、絶望してまうからなあ。

けどなあ…期待してるかぎり、現実を変える力は持てへんのやで。

もし自分が変われるとしたら、行動して、経験した時や。そん時だけやで。
ええか?知識を頭に入れるだけでは人間は絶対に変われへん。人間が変われるのは、『立って、何かをした時だけ』や。

今日から、自分が変わるための、最も重要な課題を出すで。
まず、それを、実行に移すこと。

さらに、その課題をこれからの人生において実行し続けること。可能な限り毎日、自分の一部となるまで続けること。

–Memo–
初めて課題ではなく、願いとなった。
続ける事は大変だ。だけど、それをした者だけが、願いを成就する切符をもらえる可能性がでると思う。
旦那様は、それを地でやっている人だ。私は、その旦那様の姿を見て、いっつも感心している。
継続は力也! 私も続けていかなければ…!!

——————————————————————————————-
ガネーシャの最後の課題Ⅰ
『やらずに後悔していることを今日から始める』

やりたいこと見つけるために一番やったらあかん方法、それはな…『考える』ことや。机に向かってうんうん唸っとったり、自分のやりたいことってなんやろうて漠然と考えたりしとったら、何も分からん。分からんどころかよけい迷うことになるで。

小学校のころ『やりたいことが見つからん』て自分、悩んどったか?『これ、やりたいことなんかな?』なんて迷わずに、すぐにやってたやないか。そうやってじかに触ってみて、『これ楽しいわあ』『これつまらんなあ』て判断するんや。本当にやりたいことに出会ったときは、『ああ、これこれ』って全身で分かるもんなんや。

実際にやってみて、全身で感じる。それ以外の方法で『やりたいこと』なんてみつからへん。

色々な理由つけて結局やらずじまいになってもうてることないか?やらずに後悔してることないか?

後悔していることがあったとしたら、自分はそれやらずにそのまま死んでいくで。
いつやるんや?
今までかて難しかったんやろ。ほんなら、いつ簡単になるんかいな?その根拠はどこにあるんかいな?それってまた未来に期待してへんか、自分。
今日やるんや。

もし、『みんな』と『自分』に境界線引くチャンスがあるとしたら、それは『今』以外ないで。

みんな知ってんねん。やりたいことやって後悔せんような人生送ったほうが幸せになれるてな。でもやらへんねん。何でや?でけへん理由ばっかり考えてるからや。収入。世間体。不安。同じやで。人を縛ってる鎖なんてみんな同じなんや。

今まで無理やったら、これからも無理や。
変えるならそれは『今』や。
『今』何か一歩踏み出さんと。
自分それ、やらんまま死んでくで。

–Memo–
やりたくない理由というか、今やりださなくてもいい理由は、多分沢山出てくる。
だけど、そこで動かなければ、確かに未来に動くことはないだろう…。
そして、忘れていくだろう…。

——————————————————————————————-
ガネーシャの最後の課題Ⅱ
『サービスとして夢をかたる』

仕事は作業や。せやから、自分が仕事で幸せになりたかったら、自分が一番好きな『作業』を選ばんとあかん。どんだけでも続けられる一番好きな『作業』を仕事にするんや。

成長しよう思たらどこにいようが学べるし、会いたい人がおったら電話でもメールでも、手紙送ってもええやんか。だいたい、ええ大学やええ企業に入るいうことはそれだけブランドを重視しとるやつらが集まってる場所に行くわけやから、ブランド重視の価値観になっていってまうんとちゃうの?本当に一流の人間と交流したかったら、いろんな分野の一流を知ったほうがええと思うけど。

人生一回こっきりなんやから。やってみてあかんかったらまたこっちの芝生戻って来ればええがな。そん時、前みたいな企業には勤められんかったとしても、自分にとっての好きな作業を知ることが一番大切なんや。

これからかなえていこう、いう将来の夢。それを誰かにはなしてみいや。

みんなが、自分の夢を聞くのが楽しいて思えるのが理想的やねん。ぎょうさんの人が聞きたい夢いうんはな、世の中がそれを実現することを望んでいるいうことやろ。そしたらその夢、かなえるのめっちゃ簡単やがな。なんせその夢はみんなが応援してくれる夢なんやから。

自分、キング牧師くんのあの有名な演説聞いたことあるか?『I have a dream』ちゅうやつ。人種差別問題の一番でっかい夢語りや。
あの演説はな、いうテル内容全然分からんくても心が震えるやろ。
やっぱり人がとんでもない情熱持った時に生みだす力いうんはホンマにえらいもんやなあ。言葉の意味だけやない。情熱いうもんは、仕草や、口調や、体のすべてに乗り移って、人を動かす力になるもんなんや。

–Memo–
言葉の力。心があって伝えたいと思う言葉は、きっと人を動かすだろう。
そうして、たくさんの人と夢をシェアできたら、きっときっと優しい世界が広がるだろう…。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告