本日は、ガネーシャの大切な言葉集の第7弾です。

もしも、以前の言葉をまだ読んでいない方は、ぜひのぞいて見てください♪

『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#01
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#02
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#03
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#04
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#05
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#06

——————————————————————————————
ガネーシャの絵本がかわいかったのでご紹介します♪
「Ganesha’s Sweet Tooth」イラスト:Sanjay Patel 著者: Emily Haynes
ガネーシャが牙を失ったお話を絵本にしているそうです。とってもイラストがかわいい♪
ganesha sweet tooth
たくさん絵が紹介されていたので、気になる方はのぞいて下さい→michaelspornanimation.com
——————————————————————————————-
ガネーシャの課題 19
『誰か一人のいいところを見つけてホメる』

人はどんな人のところに集まると思う?
人は、自分の自尊心を満たしてくれる人のところに集まるんや。

その人のそばにおったら、自尊心が高まる、プライドが満たせる、そういう人のそばに人は集まるんや。

たとえばお金持ちや成功した人、有名人の周囲に人が集まるのも同じやで。そういう人と一緒におるとプライドが満たされるやろ。
また、逆を言うたら、人の自尊心が満たせて、人から応援されて、押し上げられるようなやつが成功してくんや。
だってそうやろ? 周囲から嫌われて足引っ張られまくっとるやつが成功するわけないやん。
たまたま何あの拍子でうまいこといっても最終的には足引っ張られて蹴落とされるやん。人間のそういうネガティブな感情はほんま怖いんやで。

その人を守ろう、いう人が周囲にたくさんおったらそういうことにはならへんのや。
成功したいんやったら絶対誰かの助けもらわんと無理やねん。そのこと分かってたら、人のええところ見つけてホメるなんちゅうのは、もう、なんや、大事とかそういうレベル通りこして、呼吸や。呼吸レベルでやれや!! 二酸化炭素はくのと同じくらいナチュラルにホメ言葉言えや! 

–Memo–
普通にすごいところをすごい! 素敵な部分を素敵だと伝える人って確かに少ない気がします。アメリカ時代は、基本的にホメるって言うのを、周りも呼吸のようにしていたので、それが当たり前だったけど、日本で、私はホメ過ぎるくらいホメると言われた。
だって、良いものはいい!! 素直な気持ちから出てくる言葉はナチュラルだ♪
人を笑顔にもできる。仕事の後輩は、本当に一生懸命力を合わせてくれたし、ホメる事は、人の力を倍にする気がする。私も単純で、すぐ木に登っちゃうし(笑)

私は、これからもずっと、素敵なものを素敵と伝えていこう。
素直なままで、人のいい部分をきちんと伝えていこう!! 

——————————————————————————————-
ガネーシャの課題 20 
『人の長所を盗む』

ワシに言わせたら『自分にベクトル向きすぎ』ちゅうことになるんや。もっとふだんから他人を見とかんと。他人をよう観察して、この人はどういう特徴があって、どういう才能があって、どういう癖があって、どういう人なんやろてずっとそのことを見とかんと。そうせんとホメられへんやろ。

人の自尊心を満たす、人を喜ばす、人を気持ちよくさせる、それらを自分らの知ってる言葉で『サービス』言うんやけど、たえず人を見続けとかんとサービスなんてでけへんやろ。

自分らは自分にサービスすることばっかり考えとるやろ。自分のエゴや欲を満たすことしか考えとらんやろ。でもな、もっと他人にサービスすること考えて、そのことを自分の喜びにしてかんとあかんで。『人の欲を満たすこと=自分の欲を満たすこと』このガネーシャ方程式が体に染み込んでたら、あとはほっといても成功するで。

人のええとこ見つけたらホメるのも大事やけど、それと一緒に…盗めや。

成長するために一番効率がいい方法はな、コピーや。
なんでマネすると気後れするんや?なんでマネすると恥ずかしいんや?それは、自分らの勝手なプライドやろ。

だいたい『何のためにマネするのか、何のために模倣するのか』そのこと考えたことあんのんか?
結果いうんは、自分のためでもあるけど、同時にお客さんのためでもあるやろ。ええか、こう考えてみい。マネするんはな、お客さんをよろこばせるためなんや。人を喜ばせるという目的に照準が合うてたら、人のマネすることに恥ずかしさなんか感じひんのや。

モーツァルトくんかて、マネの達人やったんやで。同じ世代の作曲家を研究したりマネするんで有名やったんやで。けどモーツァルトくんの演奏聞いて、誰もパクリや思わへんのや。モーツァルトくんの局が圧倒的に素晴らしかったからに決まってるやんか。つまり、それだけ聞く人を喜ばせたってことや。

芸術の世界だけやない。実業の世界でも同じやで。ウォルマートの創始者サム・ウォルトンくんは、自分の店にいるよりライバル店にいる時間の方が長かったて言われるくらい研究熱心やったんや。ウォルトくんは『自分がやったことの大半は他人の模倣だ』と公言しとるで。
あとアップルのスティーブ・ジョブズくんかて、側近の人間から『彼はアイディアを盗む天才だ』って呼ばれてんねん。
それをセコいとか卑怯とか、そういうレベルで見るんは、単純に上っ面しか見てへん小っさい人間やねん。もっとお客さんのこと見んと。

–Memo–
自分の中に取り入れていくこと、それって本当にすべきこと。
いい部分を取り入れていく! それは心にも同じことが言える気がする。
まわりの素敵な家族、友人から学べることは数え切れないくらいある!!
スポンジにならないと★

——————————————————————————————-
ガネーシャの課題 21
『求人情報誌をみる』

実は、自分のキャリア、まあそれは自分だけやなしに、日本人のキャリアに言えることやけど、そこには致命的な欠陥があるんや。
日本人のほとんどの大学生はなーんも仕事を経験せんと、そのまま会社に放り込まれるわ。自分のやりたい仕事はなんも分からんのに、なんとなく名前のある企業を受けるわ。でも、会社の面接ではまるでやりたいことがあるかのように話すやろ。
でもな、面接受けとる時の自分らは『やりたい仕事』なんて、なんも分かってないやん。そもそも働いたことなんてほとんどないやんか。やったことがあるんは、金欲しさにやるバイトくらいやろ。そんなんで、仕事の本質が分かるわけないやん。だから大学時代に『やりたい仕事』見つけるなんて無理な話やろ?

けど周囲の人からバカにされたないから、ナメられたないから、それなりに名のある企業入って、上司から『これやれ!』言われて、そうやって命令されたことをこなしてこなして今まできとるんやろ。

そんなん宿題やらされとる小学生やないか

小学生の時の自分思い出してみい。自分が一番力発揮できとったの、嫌々やる宿題でやったか?茶うやろ。カブトムシどうやって獲るかとか、ドッヂボールやったりゲームやったり、そういう時に脳みそフル回転やったやろ。

ええか?自分がでっかい仕事しよう思たら、成功しよう思たら、あのカブトムシ獲る時の感覚が仕事の中に少しでもないとあかんで。
自分の持ってる能力100パーセント発揮して、やっと人より優れた仕事できんのに、嫌々やっとったら絶対小っさい仕事しかでけへんよ。

でっかい仕事残すやつらって、みんな小学生気分でワクワクしながらする作業をそのまま仕事にしてまいよる。だからずっと集中できるし、楽しいし、それってハタから見たら、えらい頑張ってるように見えるかも分からんけど、全然ちゃうねん。基本的には楽しくやってるだけやねん。
ホンマ自分がワクワクできて自分の持ってる力一番発揮できる仕事、探さんといかんねん。そんなもん、死ぬ気で探さんといかんねん。
自分が『これや!』って思える仕事見つけたら、あとはそれやるだけやん。ひたすら楽しみながら頑張るだけやん。でも、99パーセントのやつらが、『これや!』に出会えてへんねん。

特に、大学卒業してすぐに就職した会社にずっとおって、でも自分がいるべき場所はここやない、みたいに思てるやつは、本気で他の仕事の可能性を考えなあかんねん。それは『こっちの方が収入がいい』とか『あの会社の法がブランドがある』とかそんなレベルで考えたらあかんよ。自分の能力がいちばん発揮される職種を選ぶんやで。それが見つかるまでは絶対に探すのやめたらあかん。あきらめんかったら、絶対見つかるから。

全部経験しとるから、選べんねん。自分にどれが向いてる分かんねん。でも、自分ら、一番大事な『仕事』に関しては、全然経験してへんやないか。生まれてから死ぬまでずっと同じ味のラーメンしか食べてへんやん。ええか、ラーメンにはな、塩味もあるんやで!味噌味だってあるんや!とんこつしょうゆ、いうのもあるんや!

–Memo–
私の職歴は、かなりヘンテコだ。映像系からお堅い金融まで、いろんな職についてきた。だから、向かない職種は確かに分かるし、向いている方向性も分かる。

アメリカでは、転職が当たり前だし、転職をするためのステップとして、会社を選ぶ人も多い。そこから学べるだけ学んで、次につなげる。
でも、日本で転職は、異色だ。私もよくそこ突っ込まれた。
でも、きっと日本も、もっと転職に寛容になって、その意味を受け取れる時がくると思う。だって、向かない仕事をずっと続けるなんて、苦痛以外の何物でもない。
仕事の時間は1日で多くの時間をしめるし、合っていないなら転職は必要だ。
私は、大切な仕事を見つけた。そして、それを成し遂げるために、頑張るぞ♪と思った。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告