本日は、ガネーシャの大切な言葉集の第6弾です。

もしも、以前の言葉をまだ読んでいない方は、ぜひのぞいて見てください♪

『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#01
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#02
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#03
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#04
『夢をかなえるゾウ』【著:水野 敬也】 ガネーシャの言葉集#05

以前ご紹介した、バンコクのIsetanのところにある、ガネーシャの祠。
ここもパワースポットとして本当に有名な場所で、毎日にぎわっています。
ここのガネーシャの祠の看板に書かれている、内容をご紹介します。

ENGLISH :LOARD GANESHA THE GOD OF ACCOMPLISHMENT
THAI   :พระพิฆเนศ เทพเจัาแห่งความสำเร็จ
JAPANESE :起こり得る障害から免れて、何事も大願成就を叶えてくれる神
プラ・ピカネスワン
【Thai Navi-タイナビ】 バンコク パワースポット②『Trimurti Shrine(プラ・トリムラティ)& Ganesha Shrine (プラ・ピカネスワン)』
——————————————————————————————-
ガネーシャの課題 16
『ただでもらう』

シェイクスピアくんな、劇作家の。舞台作るいうのんはめっちゃお金かかるんやけど、でもあの子がこういうのやりたいて言うたらみんなお金出してくれるんや。まあそりゃ、ええ脚本書けとるとか、ええもん作れるとか、そういうのもあんねんけど、実はな、あの子めちゃめちゃ口うまかったんや。お金持ち、みんなあの子のことかわいいかわいい言いよんねんな。で、舞台失敗しても『次も助けたるから頑張りや』ってまたお金出してもろたりしとんねん。
ええか?確かに人を感動させるもん作れたら一流や。でも超一流の芸術家は、めちゃめちゃ営業力あんねん。世渡り上手やねん。

仕事を助けてもろたり、何かのアイデアもろたりしてもええ。
たとえば、ある人にかわいがられて仕事を振ってもらうのかて、ある意味『仕事』と『愛嬌』の交換と言えるわけやし。

–Memo–
そうなんですよね。こうして人から助けてもらわないと成し得ない事ってたくさんある。
才能を持つ人も沢山いる、でも実際に人に見てもらう・聞いてもらう環境を作ったり、自分が実力をつけるためにやっておきたい事をやるにしても、お金が必要で、それがないために、チャンスを失う人も沢山いるだろう。

試せることをできる限りやるためには、スポンサーが必要だ。スポーツも然りだ。
たくさんの人から手を差し出してもらえるって、素敵なことだなぁって思う。
かわいがってもらえるというのは、大切なことだと思った♪

——————————————————————————————-
ガネーシャの課題 17 
『明日の準備をする』

ツール・ド・フランスって、めちゃめちゃ歴史のあるレースや。そのレースで七連覇した子がおんねや。ランス・アームストロングくんていうんやけど。
その子はすごいで。ガンでいったん死にかけたんやけど、復活して、また優勝しとるからな。
ただな、やつが本当にすごいんはな、その準備の周到さや。レースがはじまる前にやな、全長3400キロのコースの風向き、天候、気温、もう考えられる限りの組み合わせを完璧に調べんねん。そういう要素が当日の走りにどないな影響を与えんのか、ありとあらゆるシミュレーションをすんねん。けど観客は結果にしか目えいけへんから、アームストロングは化け物や、みたいになるんやけど、実際はちゃうねん。めちゃめちゃ綿密な準備してんねん。その綿密さが他より圧倒的にすごいんや。

孫子くんも言うてるがな。『算多きは勝つ』。事前に周到な準備を行い、それが勝敗をきめるてな。

一流の人間はどんな状況でも常に結果出すから一流なんや。常に結果を出すにはな、普通に考えられてるよりずっと綿密な準備がいるねん。

–Memo–
はあ~これ耳がいたい(笑) 私は行き当たりばったりなので、計画を綿密にたてるとか苦手です。そうなんですよね、勝つには理由があるんですよね…
でも、いろいろな可能性を事前に考える想像力が乏しいから、基本的に想定していること以外の問題おきて、結局パニクッたりしてる…。これも練習か…。
できる限りやってみよう♪

——————————————————————————————-
ガネーシャの課題 18
『身近にいる一番大切な人を喜ばす』

人間ちゅうのは不思議な生き物でな。自分にとってどうでおmええ人には気い遣いよるくせに、一番お世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、つまり、自分にとって一番大事な人を一番ぞんざいに扱うんや。たとえば…親や。

まあ、世の中にもいろんな親がおって、その中には子どもを不幸にしてまう親もおるけどな。でもな、自分、親がおらんかったら今この世の中に生まれてへんのやで。
その事実だけでも、親に感謝する理由になるんちゃうかな?

『愛の反対は憎しみやない。無関心や』いうやろ。

あと、別に親やなくてもええ。ふだんから自分のこと助けてくれる親友や先輩。そういう人からの愛情は受け慣れてしまっとるから、なあなあになってへんか?

これは、親とかともだちだけの話やないで。たとえば自分のことひいきにしてくれるお客さんがおるとするやろ。そのお客さんは自分の言うことなら何でも聞いてくれる。融通も利かせてくれる。

でも、他にめっちゃうるさいお客さんおったら、つい、うるさい人に構てしまえへん?

それ、人の優先順位がまったく分かってへんねん。相手の出方でこっちが左右されてしもてんねん。それって前も話したけど『反応』してもうてるんやろ。いや、お客さんは大事にしなあかんで。クレーム言うてきたり、大変なお客さんも大事にせなあかん。でもお前を愛してくれるお客さんに最高のおもてなしをするんは当然やないか。ええお客さんやからいうて甘えとったらあかんで。

–Memo–
確かに、クレーマーへの対応に時間を割かれてしまい、良い方をお待たせしてしまう、そんなこともあるんだな~。これ、反省です。
そして、筆不精、連絡不精だから、親への連絡も少ない!! これ、ダメだ!!
それじゃなくても、海外という離れた場所にいる、心配事も多いだろう。
日々の話もできない環境だ。お茶のみながら話したりもできない。
だから、短くてもいいから、きちんとメールするぞ!! 大好きな人を大切にするぞ!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告