本日は、タイ料理の基礎の基礎として、自分でもきちんと覚えておくために!!
タイの調味料をご紹介して行こうと思います!!

まず、普通の方は旅行でタイに来ることが多いと思うので、外食の時に必ず卓上に並ぶ調味料セットをご紹介します。(タイ料理ならどこでも出てきます♪)

**『クルワンポン(卓上調味料)』は、4点セット + 1の5点セットですが、4点だけの場所もあります**
外食メインのタイ人にとって、このセットが重要!! お店は基本ベースの味を出してきて、その料理を自分好みの味に仕上げます☆
調味料4点セット
まずは、必ず現れる4点セット
◎ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)
さっぱりさせたいときや、酸味が欲しいときに使います☆
 唐辛子も入っているので、唐辛子を入れてしまうと辛いのでご注意下さい!!

◎クラッシュ ピーナッツ
 あらびきピーナッツを、みんな好んで使います。私は麺料理には必ずと言っていいほど
 入れています。

◎ナムターン(砂糖)
 日本の上白糖です。甘味やコクが欲しいときに使います。
私は白砂糖が苦手なので、使わないですが、タイ人は非常に使います。 
料理によってぜんぜん変わるらしいので、お試しください。

◎プリック・ポン(粉唐辛子)
 タイの唐辛子ですが、細かくなっているので、使い勝手がいいです。
日本や韓国の物よりも辛いと言われていますが、乾いているので通常の料理に足しても、そんなに辛味を感じません。私は結構入れます。
ただ、スープ等に入れると時間が経てば経つほど、辛くなるので、入れる量には気をつけてください。

上記4点セットの入れ物とは別器にあるもう1点
◎プリック・ナンプラー(唐辛子入りナンプラー)
辛味&塩味が足りないときに使うんですが、私は、通常のナンプラーよりも、こっちがあれば、こちらを使います。
プリックナンプラー
****************************************
さて、これで通常レストラン・屋台で見る調味料はご紹介できました☆
続きましては、料理で使う調味料のご紹介です☆
【注意:写真は1ブランドですが、ものすごく色々なブランドから出ていますのでご参考資料】

◎ シーユーカオ
  大豆からつくられる醤油。スープや炒め物など加熱する料理向け。
日本の薄口醤油に近いですよ。
シーユーカオ
◎ シーユーダム
  大豆からつくられています。シーユーカオよりもドロッとしていて香り&甘みが強いです。 
  シーユーダムは甘口の『ワン』と薄甘口の『ケム』の2種類があります。
シーユーダム
◎ タオチオ
  日本の味噌を薄くしたような感じ。カオマンガイのタレによく使用されていると言うと
  想像できる方も多いのでは?カオマンのタレもお店によってアレンジされていますが、
  そのベースとして使用されているものです。蒸しものや、炒めものなどに使用。
タオチオ
◎ ナムマンホイ
  『オイスターソース』です。生牡蠣を塩漬けにして発酵させ、その上澄みをとった
  ペースト状のソース。日本でもどこの家庭にもあるくらい有名ですね。
ナムマンホイ
◎ ホットチリソース
  赤唐辛子・砂糖・食酢・塩・にんにくをベースにしているソース。
  辛味とにんにくの香りが強いです。タイでは、揚げ物のタレにも使用されます。
  私は、カーオ・カイチョー(玉子焼き乗せご飯)にかけたりしてます。
ホットチリソース
◎ ナム・チム・ガイ
  ホットチリソースとベースは同じですが、比べると砂糖と酢の割合が高いので
  酸味と甘味が強いです。『スイートチリソース』とも呼ばれています。
  春巻きやタイのさつま揚げや、その他揚げ物と肉料理のタレとして幅広く使われています。
ナム・チム・ガイ

◎ ナム・チム・ブアイ
  梅の入ったホットチリソースと言った感じで、酸っぱいチリソースです。
  暑い国なので、揚げ物とかを食べるときのソースとして、人気です。
ナム・チム・ブアイ

◎ シーズニングソース
  別名『マギーソース』『フレーバーソース』とも呼ばれています。商品のラベルの写真にも
  あるように、主に卵料理に使用される、たまり醤油のような感じの醤油です。
  甘味が強いですが、美味しいですよ。チャーハンにちょこっとかけてもいいし、炒め物にも
  合います。タイだけではなく、東南アジアで広く使われているソースです。
シーズニングソース

◎ タイスキソース
  タイにもすき焼があるんですけど、そのソースです。このタイスキは、焼肉とすき焼が合体した
  感じの欲張りメニューで、私は大好きなんです。このソースも癖になりますよ。
  『スキー・ナム・ガイ』と言う私のハマッた麺料理もこのタイスキソースがベースになってます。
  甘味と酸味があり、ピリ辛です☆
タイスキソース

◎ ナムソム(ディスティルドビネガー)
  日本のお酢よりも、酸味控えめです。蒸留してある透明な酢で、癖があまりないです。
  有名どころで言うならば、ソムタムとかは絶対これ入っています♪
ナムソム

◎ マナオ 
  ライム汁のことです。タイ料理では欠かせないライム。もちろん生ライムも使うし、パウダーも
  あるのですが、このジュースは、各家庭に1本は必ずある商品。
untitled

◎ カピ(シュリンプペースト)
  小海老を塩漬けにして作るペースト状の調味料で、タイでは多くの料理のダシとして使用されています。
  ただ、やはりクセはあるので、臭いで受け付けない方もいるかもしれません。
カピ

◎ クノール / ロットディー/アジノモノ等から出ているブランドのスープの素
  固形のキューブ型は、『スープコン カノー ガイ』-ガイはチキンなので
  その部分をムーにすれば豚、ヌアにすれば牛の固形ブイヨンです。
  私は、粉末の方をよく使っていて、野菜炒めにも、玉子焼きにも、焼肉にも
  スープにもお粥にも…となんでもOKな感じです。
???????????????????????????????固形Soup

これが、多分本当の意味で主要な調味料だと思います。これらを知っていれば、
ほとんどのタイ料理に対応できると思いますよ☆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/
  

広告