『エラワン』『プラ・トリムラティ』『プラ・ピカネスワン』『プラ・ラックサミー』 『ティンファー財団・クァンイム寺』 『ターウアマリン』『プラナラーイソンスバン』『ゴンマルアン・チュンポーン・ケート・ウドンスック』 『サーン・チャオメータプティム』 『ワット・マハーブット』 『サーンチャオ・クワーントゥン-広東寺-』  に続いて、13ヶ所目にご紹介するシリーズ⑪は!!! 『レン・ボァイ・イア-龍尾廟』
昨日ご紹介した、『サーンチャオ・クワーントゥン-広東寺-』同様、ヤワラートエリアにあるので、ぶらぶら街を歩きながら、是非立ち寄ってください。
龍尾廟 1
■お寺のご紹介 
福建省の潮州地方から移民してきた中国系住民らが建てたとされる、バンコクでもっとも古い中国式廟のひとつと言われています。

境内に残った石碑から1658年に建立したとされていますが、他にも説があって、アユタヤ王朝にあった別の寺院から移動してきて、実際の建立時期は石碑から予想される時期の後のラーマ1世(1782~1809年)の時代とも言われています。つまり、正確には分かっていないんです。

祀られている「龍尾」の神様は、交通安全にご利益があるそうで、一年中参拝者で賑わう場所。

人気の理由は、龍尾だけではなく、、祠の中にある真ん中に奉られているテーブルの4つ足に赤い布を巻きつけると、商売が繁盛するといわれており、海外からも多くの参拝者が訪れているそうです。
シンガポールやマレーシアからも来るそうなので、ご利益があるんだと思います♪
龍尾廟 2
このお寺があるソイ16(ソイ・イサラヌパーブ)と言うのが、チャルーンクルン通りとヤワラート通りを結ぶ長さ500メートルの道のちょうど真ん中にあることから、風水的に龍のおなかの部分にあたると言われており、商売に大変縁起のいい場所だそうです。
実際にこの周辺にあるお店は、皆、繁盛しているそうで、地元では「タラー(ド)・マイ」(新しい市場)として知られています。

風水とかは、よく知らないのですが、良くない気が集まってしまう場所、その雰囲気とかは、なんとなく感じる事があります。と言う事は、その逆もあるはずで、ここは良い気が集まっている場所なんだと思います。
良い気が集まる場所にいたら、自然と運気が開けてきそうですね♪

せっかく、良い気の集まる場所に行くので、たっくさんその『良い気』を体内に入れて帰りたい♪なんて、考えていて調べていたら、[スピリチュアリズム] と言うサイトに『今すぐできる、7つの運気を上げる方法』が載っていました☆行く前に一読して、もっと開運!! 楽しそうです♪

場所はワット・マンコン・カマラワート(龍蓮寺)真ん前のチャルーンクルン通りを渡ってすぐにある路地のソイ16内200メートル先の左手

住所: Charoenkrung Rd Soi 16, Sampantawong, Bangkok

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告