ふと気づいたら、日々の多忙さに押し流されて
何も残っていない…そんな時がある。

空さへも見上げることを忘れてしまう時。

懸命に仕事や勉強に励めば励むほど 空回りしてしまっている感覚に陥るとき。

自分以外の人たちが まぶしく感じてしまうとき。

本当の自分が求めていることって 一体何なんでしょうね?

世の中は この物語みたいに単純ではないのかもしれない。
多くの人と関わる中で、色々な関係が生まれていく。
だけどこの絵本は、私にいっつも優しさをくれる。

「おおきな木」に引き続き、シェル・シルヴァスタインさんの作品。
この作品も大好きな絵本。

そして、子供だけじゃなくて、大人にも読んでほしい絵本です。
The Missing Piece
******* ストーリー ******
この絵本の主人公は、完全なまんまるになれない、「ぼく」。
とっても可愛い「ぼく」。 なんだか見てるだけで 癒されます。

「ぼく」は、完全なまんまるになることに憧れます。
完全なまんまるになれば、ころころと速く遠くへ転がることができる。
だから、「ぼく」失ったかけらを探しにいきます。
The Missing Piece Not happy
何かが足りない
それでぼくは楽しくない
足りないかけらを探しに行く
ころがりながらぼくは歌う
「ぼくはかけらを探してる、足りないかけらを探してる、
ラッタッタ さあ行くぞ、足りないかけらを……」
(「ぼくを探しに」より引用)
The Missing Piece Hi-dee-hoo

「ぼく」は歌いながら、ゆっくりところころ転がりながら 進んでいきます。
ころころと… 野を越え 海を越え 草のジャングルを掻き分け…
出会った生き物と話し… 花の香りをかぎ… 
ここの描写は 軽快で 本当に気持ちいい☆ ページをめくるのが楽しみになります♪
The Missing Piece Best Time

せっかく見つけたかけらが
小さすぎたり、大きすぎたり。
なかなか見つからない。
かけらのサイズがぴったりだと思っても
扱いがわからず
落としてしまったり…
きつくくわえすぎて壊れてしまったり…
The Missing Piece lost it

そしてついに!! かたちもつよさもぴったりのかけらに出会ったのです。
「はまったぞ ぴったりだ やった! ばんざい!」

ところが・・・
The Missing Piece Rolling Fast
 まんまるは、かっこいい!
 まんまるは、速くころがることができる!
 もっと速く、もっともっと、速く・・・
完全な「まる」になるカケラをみつけた「ぼく」
どんどん早くなる自分 どんどん回転する自分を手に入れたけど
歌うこと 話すこと 見ること 聞くことを
しなくなっていくのです…
The Missing Piece Too fast

そして「ぼく」は

 かけているから、きれいな景色に出会える。
 かけているから、花のにおいをかぐことができる。
 かけているから、うたうことができる。
 かけているから、気づけることがある。
 かけているから、いいんだよ。
 そのままで、いいんだよ。

そう… これが「ぼく」の行き着いた答え。
同じ状況でも、違うことを考える人もいるし、違う答えに行き着く場合もある。

でも、幸せの形は1つじゃない。 だから、自分の幸せの姿を知ったらいいんだと思う。

そうは思っていても、理想を追い求めてしまう時もある… その理想に追いつけない自分を不甲斐なく感じてしまうときもある。
でも、どんな自分でも、そのままでいいと言ってくれる この本は
優しさにあふれていて 私を幸せにする…

そして、何かを求めて、上を見て、動き出したことによって、
自分の答えに行き着ける…。
動き出すことも まだ大切なことだと 教えてくれる。

自分の歩む道は、 どんな道であっても きっと何かを教えてくれている。
その中で、ありのままの自分を受け入れる…。 自分の人生の最後は
こんな気持ちでありたいと思う。

そんな優しさに包まれたい方へ…

***本当は絵本で読んでいただきたいのですが、動画が会ったのでUPしましたので見てください***

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告