私が、大好きな絵本がある。
とっても素敵なお話なので、ご紹介します。

「おおきなき」 原題は『The Giving Tree』
原題のほうが、よりこの木を具体的に表現していますが、私は邦題気に入っています。
The Giving Tree Title

(ストーリー)
男の子は、小さい頃、りんごの木と遊んで、共に時間を過ごした。
木は男の子が大好きだった。

— 英語の絵本から 本文抜粋 —-
She Loved a Little Boy
Very, Very Much
Even More Than She Loved Herself
———————————————

だけど、男の子は成長して、木と遊ぶことがなくなってしまい、木に会いに来なくなってしまう。

しばらくたって、小さな男の子は、大人になり、木を訪ねます。
木は、昔のように遊んでいきなさいって言うんですが、男の子は、買い物がしたいと言う。そして、お小遣いがほしいと言う。

木は困ってしまいますが、りんごの実をすべて男の子にあげます。

そして… 男の子は来るたびに、色々欲しがるのです。

家が欲しいと言われ、木は自分の枝をあたえます。
年老いた男の子が、船を欲しいと言い、木はとうとうその幹をあたえてしまうのです…そして、切り株になってしまう…。

The Giving Tree 2

(私の感想)
読んだ人によって、木と男の子に感じる事が違うと思うんです。
男の子を、悪者と思う人もいるだろうし。 
男の子はくれるから もらってるだけで悪くないと思う人もいるだろう。
木がかわいそうと感じる人もいるだろう。
木が嬉しいなら、それでいいじゃないって思う人もいるだろうし
木が与えるから、男の子をダメにしたって思う人もいるのかもしれないし、
多分、少しずつ違う価値観で、皆がそれぞれに読んでいく本だろうなって思うんです。
大人になったからこそ、また、たくさん感じることのある絵本です。

私は、この絵本の著者であり、イラストを描いている、Shel Silverstein(シェル・シルヴァスタイン)は、とっても素敵な人だと思うんです。
木には、小さい頃に男の子と遊んだときに描かれた ハートがあるんです。
最後、切り株になってしまった木にも、きちんとそのハートが残っているんです。
木と男の子の思い出は、まだここにあるんです。
そのハートが私には、すごく重要なメッセージのように感じられます。

読んだ事がある方も、まだ手に取ったことがない方も、是非読んでいただきたいと思う、素敵な素敵な本です。
絵もとってもやさしくて、一生読み返したいなって思う作品です。

1964年に発売されたこの本は、今も尚、色あせることなく、新鮮な気持ちをくれる。本って、本当にいいですね。

翻訳は、村上春樹さんではない物もあります。私が小さいときに読んだのは、他の方の訳です。
村上さんのあとがきをご紹介します。

(村上春樹/訳者あとがきより)
「あなたはこの木に似ているかもしれません。
あなたはこの少年に似ているかもしれません。
それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
それをあえて言葉にする必要もありません。
そのために物語というものがあるのです。
物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告