私もまだ行ったことがないお祭りなんですが、タイでは、すごく盛り上がるロイクラトンと言うお祭りを、まず、ご紹介します。

ロイクラトンが開催されるのは、毎年陰暦12月(新暦10月〜11月頃)の満月の夜と決まっていて、毎年少し日付は変わります。川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、ロウソク、線香、花などで美しく飾られたたくさんのクラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが全国各地で行われます。
イーペン祭り4
(写真:World Festival Directoryより)
チェンマイのロイクラトン祭りだけは、特別な名前がついていて「イーペン(The Yeepeng Chiang Mai Festival)」といわれています。そして、これは修行に励み仏陀の教えを通して智恵を積んだ僧侶にパー・ガティン(黄衣)を献上する仏教儀式がメインとなります。

ピン川を流れるクラトン(灯篭)が川を満天の星のように彩り、水辺に映ろう明かりと共に、幻想的な景色を作り出すことで、とても有名なんです。しかも、チェンマイでしか見れない山車のパレードだそうで、街中を美しく灯すといわれています。

そして、更に…この時期サンサーイ地区にあるメージョー大学の敷地内で、コームローイと呼ばれる熱気球を天に放つイーペン・サンサーイがあります。これが、あの有名な台湾のランタンフェスティバルと同様、本当に幻想的だと言われています。基本的にロイクラトンは、灯篭流しと同じで、川にクラトンを流しますが、ここではコームローイを、空にも放つのです。
このお祭りは、ロイクラトン祭り(イーペン祭り)と同じように伝えられていますが、実は、違うそうで、もともと雨期の終盤で冬の始まりであるイーペン(北部の言葉で陰暦2月の満月という意味)の伝統行事だったものが、現在はロイクラトン祭りとほぼ同時期に催されるようになったといわれています。
情報元 : タイ国政府観光庁

■ チェンマイ・イーペン祭り(The Yeepeng Chiang Mai Festival)
2014年11月5日~7日※チェンマイ旧市街ターペー門ほか
–スケジュール PDF English –

イーペン祭り1
(写真:世界新聞より)
イーペン祭り2
(写真:Bite My Tripより)
イーペン祭り3
(写真:Bite My Tripより)

チェンマイには足を運んだことがありませんが、とても過ごしやすいと聞きます。
このお祭りは、もちろんバンコクでもあるのですが、いつもの何倍も混雑するため、どうしても足が向かない…ですが、話を聞くとかなり面白いとの事でした。もし、この時期にタイに来る予定がある方は、ぜひ♪

★★チェンマイ以外:ロイクラトン祭りスケジュール★★
■ スコタイ
11月2日(日)~6日(木)
場所:スコータイ歴史公園
遺跡にて、伝統的なタイ踊りなどの催しがあり、花火が上がります。

■  バンコク
11月6日
様々な場所で行われているんですが、王宮やワット・ポーの近くの ナカラピロム公園が一番盛大。
チャオプラヤ河には、飾り付けられた船が浮かびます。
詳細はタイ国政府観光庁のページをご確認下さい

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告