生まれて初めて、自分の影を観た瞬間…私は一体何を感じたんだろう。
当たり前になってしまった今は、何も感じなくなっていたけど、この動画を観た時に、思わず笑顔し、そして自分はどうだったのだろうと思った。
shadow
驚き、そして動揺する。恐怖を感じる子もいれば、楽しそうに遊んでいる子もいる。
初めての瞬間って、とっても興味深い…。

私の友達の多くは、皆、親になっている。皆の子供たちは、どんな表情を見せたんだろう♪
とっても、心が和んだ作品だったので、ご紹介します★

「Babies Scared of Their Shadow Compilation」

**************************************************************************
シャドウ(影) 【心理学用語より】
シャドウ(影)とは、個人において生きてこなかったもうひとつの側面であり、意識にとって許容できない自分の暗黒面のこと。
ユング,C.G.の提唱した元型のひとつ。
意識において、ある自己イメージが選択されると、それに対立するイメージは無意識に抑圧される。
そして、生理的に受け付けない人物という形で夢に登場したり、現実の人物(同性である場合が多い)に投影されたりする。
しかしシャドウを否定することは自分自身を否定することであり、潜在的な可能性を捨て去ることである。
自分の中のシャドウと向き合い対決することが、個性化の第一歩である。
shadow2
シャドウ(影) 【臨床心理学用語の樹形図より】

●概要
C.G.ユングがあげる元型のうちの一つです。
個人の意識によって生きられなかった半面、その個人が認容しがたい心的内容を意味します。

●影の内容となるもの
一般に光があたってできる影のように、その人の心の影の部分をさします。
一般的な影が物に陰影を与えるのと同様、影はある人の暗く否定的な側面を示すと同時に、その人に深みと奥行きを与えます。
影は、一般的にその人の心とは対立するものです。その統合はそうたやすいものではありません。
たいてい、自分自身のものとは感じません。
他者にその要素をみる「投影」という機制が働くことが多いです。
投影が考えられるときとしては、以下の例が挙げられます。

「どうも虫の好かない」と思う人がいる
ある人の悪口を盛んに言っているとき

●影の種類
影には「個人的無意識」の領域の影と「普遍的無意識」の領域の影とがあります。
個人的無意識の影は、ある個人が自我を確立していく中で出来上がっていく影です。
たとえば、人にやさしくあろうと努力してきた人に潜む攻撃性や残忍な部分などが挙げられます。
普遍的無意識の影は、多くの人々に共通に「悪」としてとらえられてきたものです。
この元型のイメージとして表現されたものには、昔話や民話にでてくる悪魔や鬼、化物があります。
現代文明の進歩は、人間が意識できる部分を増すことに貢献しました。しかし、それと同時に影の闇も濃くなりました。影はもはや切り捨てることのできない存在だといえます。
**************************************************************************
子供たちの反応を見ていたら、心理的な部分が気になってしまい、思わず調べてしましましたww
あぁ~、自分がどんな反応をしたのか、親に聞いてみよっと!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告