1990年に福武書店(現ベネッセコーポレーション)から刊行されたひこ・田中さんの『お引越し』が、奈良美智さん描き下しの装画3点をえてよみがえりました!!

とうさんとかあさんが離婚して、「お家がふたつ」になった11歳の少女レンコ。一緒に暮らす母、離れて暮らす父、離婚を打ち明けられない学校の友だち…。彼女を取り巻く「家族」、そして「社会」が多感な少女の目を通じて語られていきます。
復刊にあたっては、大人になったレンコやその友だちを描いた挿話が新たに追加されているそうです。
お引越し

ずっとずっと昔に読んだ『お引越し』を、今の自分が読んだらどう感じるんだろう…。京都弁が難しいと感じながら、言葉を必死に拾い上げていた頃の私が読んだ時とは、今の私の感想は大分変っているのかな?
しかも、追加されている挿話が気になる…(笑)

お引越し 1
「かあさん泣いた。とうさんもお引越しの日泣いてた。大人が泣いたら、子どもは泣けない」。両親の離婚を突然知った11歳のレンコ。私のせいではないと言われても、気にならないわけがなく、悩みは深まっていく。’80年代の京都を舞台に、少女の心模様と成長を生き生きと描いた第1回椋鳩十児童文学賞受賞作。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告