旦那さんが、今、世界の舞台で戦っている。一緒に行きたかったけど、私はバンコクで仕事がる…だから、今回はお留守番だ。
今日初めて、旦那さんの練習場に1人で行ってみた。ピーポーと言うとてもなついている犬と会うために…。
でも、いつも旦那さんと行っている所に1人で行くと、なんとなく寂しかった(笑)
ピーポーは、うちらの子供の様な存在で、本当に癒されたけど、ピーポーの可愛さや、面白い行動を伝える人がいなかった。
そしたら、この曲思い出した。 Audioslaveの『Like a Stone』(笑)
audioslave
Chris Cornell(クリス・コーネル)に憧れてた私は、LA在住時に、たまたま友達がこの曲のPVのスタッフになったと知り、撮影場所にくっついて行った(笑)
Soundgarden時代から好きだった彼を、間近に見る事の出来るチャンスだったので、無理行ってお菓子とかお茶入れる人としてタダで参加したロケ…だから、思い入れのある曲でもある。
chris-cornell
廃墟みたいな大きなビルで行われた撮影を思い出す。 Chris Cornell、本当にセクシーだった♪
良い曲ですよ。とっても…。 彼の声が本当にセクシーで好き★ 思い返して見つけたPVの中のChrisは、変わらずにセクシーだった♪


【歌詞】

On a cold wet
afternoon
in a room full of emptiness
by a freeway
i confess i was lost in the pages
of a book
full of death
reading how we’ll die alone
and if a god will lay to rest
anywhere we want to go

in your house
i long to be
room by room
patiently
i’ll wait for you there
like a stone
i’ll wait for you there
alone

and on my death bed
i will prey
to the gods and the angels
like a pagan
to anyone who will take me to heaven
to a place
i would recall
i was there so long ago
the sky was bruised
the world was black
and there you led me on

in your house
i long to be
room by room
patiently
i’ll wait for you there
like a stone
i’ll wait for you there
alone

in all i read
till the day was gone
and i sat in regret
in all the things i’ve done
for all that i’ve blessed
and all that i’ve wronged
in dreams till my death
i will wonder on

in your house
i long to be
room by room
patiently
i’ll wait for you there
like a stone
i’ll wait for you there
alone
alone

chris-cornell2
【和訳】

なんだかもやもやした午後
フリーウェイの傍らの
空虚に覆い尽くされた部屋で
俺は死で満ちあふれた本の
ページの中に俺は迷い込んでいたんだ
いかに俺達は一人で死んで行くのかを読みながら
もし俺達が善人なら神は俺に安らぎをくれるだろう

お前の家に俺はいたんだ
部屋と言う部屋に
我慢強く…
俺はそこでお前を待とう
ずっと…
一人きりで…

死の床で俺は祈るだろう
神々に、そして天使達に
異教徒のように
誰でもいいから、俺を天国へ連れ行くものに

俺は遠い昔にそこにいたと振り返る
空は傷つき
世界は闇に包まれていた
お前が俺をそこに導いたのだ

お前の家に俺はいたんだ
部屋と言う部屋に
我慢強く…
俺はそこでお前を待とう
ずっと…
一人きりで…

そして俺は読み続ける
その日が過ぎ去るまで
俺は後悔に沈み込む…
自分が幸せの為にした全て…
自分がした過ちの全て…
自らの死まで夢の中を
俺はさまよい続けるだろう

お前の家に俺はいたんだ
部屋と言う部屋に
我慢強く…
俺はそこでお前を待とう
ずっと…
一人きりで…
chris-cornell3

【AUDIOSLABE】
2000年10月に活動休止したレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ (Tom Morello) – ギター、ティム・コマーフォード (Tim Commerford) – ベース、ブラッド・ウィルク (Brad Wilk) – ドラムスの3人に、クリス・コーネル(Chris Cornell)- ヴォーカル【元Soundgarden】が加わり、結成したバンド。
2007年2月、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(RATM)が再結成されることが発表された3週間後にChris Cornellが脱退を表明し、オーディオスレイヴは活動を休止しました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告