BONOBOと言うアーティストさんをご紹介します。
bonobo Main 2
複雑さと繊細さが共振し、柔らかな音色と心地良いリズムが情感豊かなサウンド・スケープを編み上げる。生楽器の優れた構成力と綿密なアレンジメントを施すスキル、そして卓越したビート・プログラミングのセンスを兼ね備えた稀代の音楽家、ボノボことサイモン・グリーンの才能が余す所なく発揮され誕生した、叙情系ダンス・ミュージック!!と謳われているように、本当に優しい音が重なり合って生まれる、穏やかな曲です。
今日紹介するアルバムは、『Days To Come』。 他にもアルバムあるので、気になる人は、最後に載っているBonoboのページをチェックしてください♪

余談ですが…Bonobo(ボノボ)と検索をかけると、ヒト科チンパンジー属に分類されるお猿さんが出て来てしまいます(笑)
かわいくて写真たくさん見ちゃいました(笑)

Days To Come 【Bonobo】
*曲名をクリックすると、各曲を聴けます*
*IntroとDays To Comeは、1つにまとまっています。この2曲は続けて聴いてほしいので*
bonobo Days to come
“Intro” – 0:54
“Days to Come” (feat. Bajka) – 3:49

Between the Lines” (feat. Bajka) – 4:36
The Fever” – 4:21
Ketto” – 5:06
Nightlite” (feat. Bajka) – 5:09
Transmission 94 (parts 1 & 2)” – 7:57
On Your Marks” – 4:09
If You Stayed Over” (feat. Fink) – 5:23
Walk in the Sky” (feat. Bajka) – 4:34
Recurring” – 5:06

一曲目の「intro」で、「Bonoboの世界にようこそ」と手を差し出してくれるような感覚になります。そして、次に来る曲は、本アルバムのタイトルにもなっている「Days To Come」。
この曲の始まりには、幼少のころアフガニスタン、ネパール、パキスタンを遊牧するジプシーとして育ったBajkaの歌声が流れる…実際彼女、「Ubiquity」や「Compost Records」や「Jazzman」などのレーベルから曲を出している実力派のシンガーです。
そして「If You Stayed Over」は、同じNinja Tune LabeのFinkのヴォーカルしてますよ♪
Bonoboは、ずっと生音にこだわり続けていて、本当に長い時間をかけて完成した作品だったそうです。
それを感じないくらい、とても丁寧に織り込まれている音の一つ一つが、自然なハーモニーとなって心地よいアルバム。
Bonobo Main
【Bonobo】
Official : http://bonobomusic.com/
Label : Ninja Tune http://ninjatune.net/jp/artist/bonobo
Facebook : https://www.facebook.com/bonoboofficial

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告