タイも、雨期を終え、冬に入ります。日本も、少しずつ涼しくなって、冬に向かう…。
タイの場合は、冬と言っても暑いのですが、なんとなく灼熱の太陽を思い出していたら、この歌が浮かんできた。
こうして季節が移り行き、年をとっていく…。 三線の音と優しい歌声を聴いていると、年をとることがとても美しい事のように感じます。
三線の花 BEGIN
素敵な歌です。 他の歌の方が、彼らの作品では有名かもしれませんが、この『三線の花』と言う歌も、是非聴いてみてください。

歌:BEGIN 作詞:BEGIN 作曲:BEGIN

いつしか忘れられた オジーの形見の三線
床の間で誕生祝いの 島酒にもたれて

ほこりを指でなでて ゆるんだ糸を巻けば
退屈でたまらなかった 島唄が響いた

鮮やかによみがえる あなたと過ごした日々は
やわらかな愛しさで この胸を突き破り
咲いたのは 三線の花

テレビの斜め向かいの あなたが居た場所に
座ればアルミの窓から 夕月が昇る

家族を眺めながら 飲む酒はどんな味
眠りにつく前の 唄は誰の唄

喜びも悲しみも いつの日か唄えるなら
この島の土の中 秋に泣き冬に耐え
春に咲く 三線の花

この空もあの海も 何も語りはしない
この島に暖かな 風となり雨を呼び
咲いたのは 三線の花

秋に泣き冬に耐え 春に咲く 三線の花

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告