古い雑誌を観ていたら、面白い特集があったので、そのまま掲載♪
ジャズ好き7人がオススメする、最初の1枚♪ (なので7日連続です★)

まず、第1回目は早乙女道春さんが選ぶ オススメのJazz最初の1枚

★ チェット・ベイカー ★  『シングス・アンド・プレイズ』
チェット・ベイカー シングス・アンド・プレイズ

ジャズへの最初の手がかりになって、その後聞き込んでからも、すごいなと思える1枚を選んでみました。チェット・ベイカーの作品ではうたをメインにした「シングス」が有名ですが、僕はトランペットの演奏がより多く入っているこの盤を薦めます。なぜなら、ジャズの本質はインストゥルメンタル、つまり楽器の演奏にあると思っているので。
楽器であらゆる感情を表す、楽器動詞のセッションによって個人の限界を通り越してより遠くまで飛ぶ、そういうジャズでなければ出来ないことを表現しているのは、やはりインストでしょう。この作品でもトランペットのしゃべり方みたいなものを存分に楽しんでほしい。
ジャズの魅力って「変換力」にあると思うんですよ。よく知られたスタンダードのメロディを瞬間的にどこまで作り変えられるか。同じことの繰り返しではなく、常に、たった今生まれた音楽であり、二度と同じことは起きない。そこに醍醐味があるし、このアルバムではその交換がどう行われているのか、とてもわかりやすいんです。
チェット・ベイカーはルックスといい、音楽といい、甘さがあって女性に人気がありますね。このジャケットもいいセンス。「女の子の部屋の壁」がコンセプトだそうで、ジャズ写真家として有名なクラクストンがデザインまで手がけています。そういう意味でもまず手にするのに最適じゃないかな。
(2007年1月 雑誌 ku:nel より)

~早乙女道春 さん~
イラストレーター&ペインター
彼の作品は、水彩画が多いです。とても柔らかいタッチで、やさしい絵なので、多方面に作品を残しています。名前は知らなくても、かれの作品は目にしている人が多いと思います。【早乙女さんの公式ページ →→ココ←←】

早乙女道春 Mizuhoコラボ

みずほフィナンシャルグループのCSRリポートの表紙画も、2005年から4年間手がけているそうです。その中の1作品をご紹介。(早乙女さんのFBより)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告