お香って本当にたくさん種類があるんですが、その中の1つで、古代から使われているのに、あまり知られていないお香を本日はご紹介します。
お友達から教えてもらって使い始め、タイにも持って来ているくらい気に入っていてる『塗香(ずこう)』です。
塗香は、身に塗る粉末状のお香なので、常に身につけていられる手軽さも、気に入っています。
もともと「身を清め、邪気を寄せ付けない」という意味で仏教で取り入れられ、日本に伝えられたといわれています。
現在も日本の様々な寺院で、ご本尊にお供えしたり、僧侶が身を清めるために使われているそうです。写経をする時などにも使用されます。

私が、今使っている塗香は、松栄堂の「特選塗香」です。
松栄堂 塗香

今でも、忘れられない香りがあって、お友達が奈良の長谷寺で出会った香りをおすそ分けしてくれたんですけど、その香りです。
調べてみると、天香堂さんより出ている『極上塗香』だと判明しました★
天香堂 極上塗香
私にとって塗香は、心を穏やかにしてくれる大切なお香です。仕事で忙しい時や、心がささくれてしまった時に、手に粉を落とし、そっとこすり合わせる。ふわっと広がる香りに包みこまれます。

塗香は、身・口・意の三業(人間が四六時中汚れを生じてしまうところ)を清めるとされていて、その部分に使用するのが基本とされています。
「身」は体で、行動、動きを表します。       悪い行動
「口」は言葉を表します。              悪い言動
「意」は思うことで、意識・念・心を表します。   悪い想い

塗る方法があるんですが、私は、それに従っていないです(笑) でも、ご参考までに…
(1) 先ず指ひとつまみの少量の塗香を左手に乗せます
(2) 右手の人差し指と中指に塗香を少しつけ、口に含みます。(天然成分のみを使用しているため口に含んでも大丈夫らしいです)
(3) 次に塗香を両手で数度磨り合わせた後に、両手で胸(洋服の上でOK)に触れて塗ります。

でも、こんなに色々話したら、使いにくくなっちゃいますね…(笑) 決して敷居の高いものではなくて、本当に手軽に持ち歩いて、場所を問わずにリラクゼーションが出来る、最高の香りです。
もしも、機会があれば、是非試してみてください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告