本日8月13日は、迎え盆(地域、宗派によって多少異なる場合もあります)です。そして、私の誕生日(笑)
私の誕生日は、いつもおばあちゃんの家で祝ってもらい、ケーキじゃなくておはぎを円く並べてキャンドルを立ててました(笑)
そんな話は、おいておいて、とっても陽気なメキシコのお盆をご紹介します。

The day of the dead
メキシコのお盆は、『死者の日(Day of the Dead)』と言われていて、
年に1度、11月1日に行われます。
祭壇

カラフルなメキシカンスカルが街中を彩り、この日に帰ってくるとされる先祖の霊を楽しく迎え、最後は「また来年ね」と元気に霊を送り出します。
この時に用意されるのが、お砂糖で作ったスカルで、これを一般的にSUGAR SKULLと言っています。
Sugar Skull 1
メキシカンスカルは「カラベラ」と呼ばれていて、とても長い歴史があります。
古代のアステカ遺跡から発見されたと言われている水晶髑髏等もあります。
Crystal_skull
メキシカンスカルはとにかくド派手!! パステルカラーをたくさん使っていて、髑髏の顔はどこかファニーで笑顔を誘う。
お盆関係なく、メキシコには常に髑髏が街の至る所で見られますよ♪
collorful sugar skulls

死者との時間の過ごし方はこんなに違うのですが、メキシコは輪廻を信じていて、死は終わりの象徴ではないんです。そして、次に産まれる時も、必ず人間だと信じています。
日本も、メキシコ同様に、輪廻を信じていますが、日本って次に生まれる時は、動物かもしれないし、虫かもしれないし、人間かもしれないし…って、人間じゃない可能性がありますね。そこが、少し違う所かもしれないです。
Smail Skull

しかも、仏教の場合、輪廻転生するのは、まだ未熟で、極楽浄土にずっといられることが良いとされているので、輪廻する場合は修行が足りないイメージがあるので、そんなに明るくないのかもしれない…と、勝手に思ってみました。
Sugar Skull 2
でも、私のお家では、迎え盆は皆でお墓に行き、先祖を一緒に連れて帰って、私の誕生日で盛り上がっていたので、メキシコほどではないですが、結構陽気でした(笑)

メキシコ行ったときに、このドクロに、ものすごく惹かれて、置物を買いました。
日本でも、アクセサリーや置物など人気が上がってきている、メキシカンドクロ『SUGAR SKULL』のロンパースをご用意しました♪

Sugar Skull

明るい色使いとファニーな表情が、とっても魅力的なメキシカンドクロは、公園、パーティ、BBQ、お買い物…どこに行く時も着せていたくなります。
白と淡いブルーのストライプが、ラブリーです♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告