私の大好きな友人にキャンドル・アーティストさんがいる。
そして、私は、彼女の創り出すキャンドルが本当に好きです。

もともと、アメリカに20歳~約7年いた事もあり、キャンドルは常に身近にある環境だったから、日本に戻っても、より手に取りやすかったのかもしれない。

Candle Night 1

大好きなCandle Artist
: La N’bougie

ただ、一般で購入するキャンドルよりも、やはり彼女の作品を選んでしまうのは、手作りならではの、1つとして同じものが無いところなのかもしれない。
色の濃淡…色の割合…そういう要素を含めて、自分が惹かれた物を購入する。その作業が、またたまらなくウキウキする時間です。

Nao's Candle b

Nao's Candle a

キャンドルの炎は、私の気持ちを落ちつけてくれる…
1日の終わりに、電気を全て消して、その日の気分のアロマオイルをキャンドルにさし、そして火を灯す。
闇の中に灯る柔らかい光は、静かな静かな時間をくれる。そして、ふぅ~っと『無』の時間に誘ってくれる…。そんな気がするんです。

もちろん個人差はあるので、何とも言えませんが…。

キャンドルの炎は、風の流れなどを受け一定の動きをしません。これを「ゆらぎ」と言うらしく、自然界にしか存在しないリズムだと言われています。
そして、このリズムが産み出す周波数を 『1/fゆらぎ』と呼んでいます。

Candle Night 2
キャンドル以外で、この1/fゆらぎを持っているのは、小川のせせらぎ、木漏れ日、蛍の光、電車の揺れ、そして人の心臓音などがあるそうです。
そうか…人の心臓音もそうなんだ…。 だから落ち着くのかもしれないと、勝手に納得してしまいました(笑)

お母さんのお腹にいた時から、ずっと感じ続けてきた音。そして、両親の腕の中で、かけがえのない安心を感じた音。
それは、両親からの愛が詰まった「ゆらぎ」なのかもしれません。
だから、そこに惹かれる人が多いのかなと感じます。

さて、本日ご紹介するのは、『両親の愛』にちなんで、「Family Forever」です。

FAMILYFOREVER
https://diybaby.stores.jp/#!/

2羽の青い鳥(パパ&ママ)が、中央のハート(ベイビィ)に寄り添いあっているデザイン。その後ろでその愛を受けて咲き誇る深紅のバラがとっても綺麗です!
このバード&ハート&ローズは、シリーズとして様々なデザインのご用意がありますので、是非チェックしてみてください♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(ヴィンテージリメイクバッグやヘンプ、オーガニックコットンなどの素材で作られた商品がそろうセレクトショップ)
69 SURF SHOP https://outlets69surf.stores.jp/#!/

広告